お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

黒ずみおしりは角質層のミルフィーユ

ミルフィーユを好きな人は多いです。ちょっとお行儀悪いけど「1枚づつ剥がして食べるのが好き」という人もいますよね。 でも、おしりがミルフィーユになってしまうと、やがて、黒ずみをひきおこしてしまいます。

角質層のミルフィーユ

皮膚は肌の外側から、表皮、真皮、皮下組織にわかれています。 表皮はさらに、角質層、顆粒層、有棘層、基底層に細かくわかれます。 外からの刺激を直接受けるのが、この一番外側にある角質層です。 角質層は、軽くこすられただけでも「敵が攻めて来た」と思います。1列に並んだ警備員だけでは皮膚内部を守り切れないと、警備員の数を増やして2列になります。そこで、また、こすられることがありますと、3列になって警備をかためます。 こうして、こすられるたびに警備員の列が増えて、角質層はミルフィーユのように重なっていくのです。

ミルフィーユになる理由

おしりはいつも、下着にくるまれていますね。下着もおしりを守ってくれているものなのですが、角質層からしてみると、下着は肌をこする敵になります。下着は、おしりに直接ふれていますし、動くたびに肌をこすります。角質層は、起きているときも、寝ているあいだも、皮膚内部を守ろうとして、防御の姿勢を崩さないのでいるのです。

おしりがミルフィーユになると角質層がかたく、分厚くなります

おしりのハリがなくなったように感じるのは、筋肉などの関係もありますが、角質層がかたくなってしまうことも、理由のひとつです。 おしりがザラつく、肌がデコボコしているような感じになるのは、角質層が分厚くなってしまっているからです。 肌色がくすんで見えるのも、ミルフィーユになった角質層が、肌本来の色にフィルターをかけてしまうからです。

また、お手入れをして、有効成分を皮膚内部に届けようとしても、ミルフィーユになってしまった角質層が邪魔をしますので、黒ずみおしりの解消に時間がかかるようになります。

ミルフィーユは皮膚内部にも影響する

ミルフィーユになった角質層が、汗や、皮脂の出る穴をふさいでしまうことがありますので、老廃物や汚れが、からだの外へ出にくい状態になります。これらが炎症をおこすと、かゆくなってボリボリとおしりを引っ掻いてしまい、また角質層が分厚くなっていくという悪循環にもなりかねません。また、おしりニキビや吹き出物の原因になってしまうこともあります。 血行が悪くなりますので、肌のバランスにも良くないですね。

角質層を、今以上にミルフィーユ化させないために、今より薄くするために、気をつけたいですね。

メニュー