お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

病院が処方する黒ずみおしりのための薬

「医者へ行こう」と決めたものの「どんなことをされるのかしら?」「注射はしないよね?」とか、気になることは、たくさんあります。わからないと不安になりますし、怖くもなります。すこしでもわかると、お医者さんに行きやすくなるかもわかりませんね。

最初は、塗り薬(外用薬)を処方されるらしいですよ。

外用薬の成分・・・トレチノイン(レチノイン酸)

トレチノインは、皮膚表面の角質を剥がす作用があります。余分な角質を剥がしながら、皮膚の表面細胞に働きかけ、メラニン色素の定着をさまたげます。肌の新陳代謝を促すので、ターンオーバーのサイクルが早くなります。黒ずみおしりのもとになっている、メラニン色素を、早く排出させる成分です。この他に、表皮ではヒアルロン酸の生成を助け、真皮でコラーゲンを生成する作用もあります。

黒ずみを解消しながら、みずみずしく、ハリのある肌にしてくれる成分です。ニキビ治療にも効果があります。

外用薬もう一つの成分・・・ハイドロキノン

ハイドロンキノンは、メラノサイトに働きかけ、チロシナーゼという酵素の動きを妨げ、メラニン色素の生成を抑えます。塗り薬のなかではトップクラスの美白作用があります。肌の漂白剤、といわれているほど色素沈着に効果のある成分です。

ハイドロキノンは、現在の日本では劇薬に指定されていますので、医師の診断と処方が必要な成分です。使用方法を間違えると白斑症になるばあいがあります。ハイドロキノンの含有濃度が高いものは、皮膚に炎症をおこし、赤くなったり、腫れたりします。長期間の連続使用も皮膚に負担をかけます。

処方される外用薬

黒ずみの原因にもよりますが、トレチノインとハイドロキノンを含んだ塗り薬をが、ほとんどのケースで処方されます。二つの成分の相乗効果で、黒ずみを解消させ、美しい肌にしていきます。 塗り薬の軟膏というより、クリームに近いものですが、ハイドロキノンを含んでいますので、用量用法は医師の指示に従いましょう。

デリケートゾーンとつながっているおしりには、ハイドロキノンを使うべきでないという医師もいるくらいですので、自己判断は禁物です。

塗り薬以外にも、保湿クリ-ムやピーリング石けんが処方されることがあります。治療の効果をあげるためのものですから、医師の指示に従って使いましょう。 塗り薬だけの処方で、ボディソープや石けん、保湿クリームを自分で用意する場合は、念のために、塗り薬との相性を医師か薬剤師に聞いておくと安心ですね。

処方される内服薬

ビタミンCに、抗酸化作用や色素定着を改善する作用のあるトラネキサム酸やビタミンEを配合した飲み薬を処方されることが多いです。 身体のなかから黒ずみを解消するためですので、お医者さんの指示を守りましょうね。

単に「医師に言われたから」と治療しているのと、治療内容を理解しているのとでは、効果の現れ方が違うそうですよ。薬や治療内容について、わからないことは医師や看護師、薬剤師に聞いて、積極的に治療に取り組みましょうね。

メニュー