お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

おしりの黒ずみを消すために病院へ行こう

「対策もケアもがんばっているのに・・・黒ずみがなかなか薄くならない」「薄くなっている気がしない」「早く消したい」と思ったら、お医者さんに行きましょう。

見せたくない

医者とはいえ、他人におしりを見せるのは、恥ずかしいです。 けれども、お医者さんはおしりを見慣れていますから、手荒れなんかを診るのと同じ感覚だそうですよ。 それに、病院なら見せるのは、お医者さんと看護師さんの数人だけですみます。守秘義務がありますから、もちろん内緒ですよね。

温泉に入れば、もっと大勢の人に見られてしまいますね。 たまたま、顔見知りの人がいたとしたら、どうでしょう?そのあと、顔をあわせたくなくなります。仕事関係などで、顔をあわせなければいけない人ならば、どうでしょう?どう思われているのかが気になって、仕事に集中できなくなってしまうかもわかりません。こんなふうに誰かを気にしたり、避けるようになると、外へ出掛けるのが、おっくうになってくるかもわかりません。そうなってしまうと、つまらないですよね、なにも悪いことなんてしていないのですから。

「黒ずみおしりを見せるのは、病院だけ」にしましょう。

 

病院選び

皮膚科でも、美容外科でも治療を受けられます。 レディスクリニックも、産科婦人科だけでなく、肌ケアやメンタル面まで、幅広く女性の総合診療をしているところもあります。

治療費

治療費は、病院により、黒ずみの程度や治療方法などにより異なります。 一般的に、皮膚科は、保険適用範囲内の治療を中心としますので、費用は比較的安く済みます。

美容外科は、保険適用外の施術をするばあいがあります。自由診療といい、全額負担になります。

医者が、男性か、女性かも気になるところですね。 病院でも医院でも、ホームページを作り、お医者さんの紹介や治療方針、治療内容を説明しているところがありますので、検索してみるといいですね。 問い合わせると説明してくれる病院もありますから、電話をかけてみて 丁寧に対応してもらえそうな医院を探してもいいかもわかりません。

かかりつけの医者がいる人は、お医者さんにもよりますが、相談すると 紹介してもらえることもあります。

通いやすい場所にあるか?無理しないで行ける時間帯に診療しているか?なども考えて、お医者さんを選びましょう。

最初は

病気や怪我で受診するのと同じように、経過などを話します。 病院へ行くまでに使用した薬や化粧品などの成分が記載されている説明書があれば、持って行って見てもらいましょう。 スムーズに治療を受け、早く治すために、頭のなかを整理しておくと良いですよ。

メニュー