お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

黒ずみおしりのための四季

気になることがあったり、体調がすぐれないと、笑うことも少なくなりますね。おしりの黒ずみでポジティブになれないのは、嫌ですよね。

黒ずみおしり解消をあきらめない

おしりの黒ずみに気がついたのが最近でも、黒ずみは急に表れたわけではありません。くすみからジワジワとすこしずつ黒ずんできているのです。時間はかかりますが、あきらめないで根気よく治していきましょう。

寒い冬

冬の乾燥した空気や冷たい風にあたると、肌表面の角質層は皮下組織を守ろうとして分厚くなっていきます。角質層が厚くなるとメラニン色素が沈着してしまいますので、乾燥させないように気をつけましょう。保湿ケアはもちろんですが、膝掛けなどで、乾いた空気や冷たい風からおしりを守りましょう。暖かく感じる室内では、暖房器具から出る熱によって、空気は乾いています。

でも、膝掛けで汗ムレしやすくなっていますので、汗ムレ対策も欠かさないようにしましょうね。 膝掛けで乾燥予防しながら、汗ムレ対策もして、というと面倒に感じますが、混合肌のお顔のお手入れと同じように、黒ずみおしりもダブルのケアで黒ずみが解消されていきます。

フレッシュな春

花が咲きはじめると、なんだか気持ちも明るくなりますね。 紫外線が強い時期ですので、知らない間にダメージをうけていることがあります。強い紫外線は、服の上からでも皮膚を傷めるそうです。 花粉症などのアレルギーがある人は、肌も弱くなりやすい時期ですから、気をつけましょうね。

梅雨のジメジメ

雨が多くて気温も高くなってくる梅雨の時期は、雑菌も繁殖しやすくなっています。「上昇した体温を、汗を出して下げたい」と、からだはがんばっていますが、外気の湿気がじゃまをします。おしりニキビや吹き出物ができやすくなっています。 清潔にして、ムレないように気をつけてすごしましょうね。

暑い夏

夏休みで出掛けたり、帰省などで乗り物を利用する機会も増えますから、しっかりと汗ムレ対策をしましょう。 汗をかいた肌をそのままにしておくのは良くありませんが、シャワーを使いすぎると、皮膚に必要な皮脂まで流してしまいます。無意識のうちに角質層を傷つけてしまうこともあります。汗をシャワーで流したあとや拭き取ったあとは、保湿ケアを欠かさないようにしましょうね。

花火大会など楽しい夜のイベントが増えますので、睡眠不足になりがちですので、気をつけましょうね。

気を抜けない秋

過ごしやすい季節で、遠出したり旅に行きたくなりますね。乗り物での汗対策は、夏に引き続き気をつけたいです。 食べ物も美味しくなってきます。ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

でも、食べ過ぎますと、からだのなかのエネルギーが食べ物の消化に使われてしまい、ターンオーバーが遅くなってしまいます。太らないためにも、食べ過ぎ注意ですよ。 秋の夜長を趣味の時間にあてる人もいますね。不規則な生活にならないようにしましょうね。 天候も変わりやすい時期ですから、その時々にあわせた対策やケアが大事ですよ。

メニュー