お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

黒ずみおしりのための市販薬

いろいろケアしていても、黒ずみが薄くなり目立たなくなるまでには、ターンオーバーの1~2サイクルは時間がかかります。 「もっと早く消してしまいたい」「薬はないのかしら?」と思いますよね。

黒ずみおしりの市販薬・・・塗り薬

黒ずみを消す塗り薬として、薬局やドラッグストアーで売られているものはほとんどありません。 医薬部外品として、ボディ用美白クリームや美白美容液が売られています。

が、肌質や症状によっては、かぶれてしまうこともあります。おしりは、デリケートゾーンと一続きですので、刺激の強いものは避けるようにしましょう。一般的に「すぐにキレイになります」など、速効効果をウリにしているものほど、かぶれ、痒みなどをひきおこしかねない成分が含まれていることが多いですよ。

成分表示や使用方法を良く読んで、少量のお試しサイズなどで肌にあうかを確認してから使うようにしたいものですね。 薬局やドラッグストアーには、含有成分に詳しい店員がいることもありますので、一度、たずねてみるといいですね。 ビタミンCの多く含まれたローションも、良いみたいですよ。

黒ずみおしりの市販薬・・・飲み薬

内服薬は、抗酸化作用があり、肝斑やシミの症状を改善するビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸の配合されたものがあります。黒ずみ専用ではありませんが、黒ずみもシミもメラニン色素の沈着ですので、試してみる価値はありそうです。が、すぐに効果が現れるものではないです。「おしりの黒ずみ解消」というよりは、全体的な肌の調子を整えて、美しい肌にするためのもの、と考える方が良いでしょうね。こちらも、説明書をよく読んで、決められた量を守るようにしましょう。

漢方薬には、血流を促進し、ホルモンバランスを整える作用のある「加味逍遙散」「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」などがあります。 本来、漢方薬は個人の体質に合わせて処方されるものです。体質にあわない漢方薬は、服用しても効果は期待できないといいます。

漢方薬局や、漢方薬に詳しい知識を持った店員のいる薬局、ドラッグストアーで、相談してみると良いでしょう。 一般的に、「漢方薬は効果が現れるまでに日にちがかかる」といわれていますが、風邪のときの葛根湯のように即効性のあるものもあります。 自己判断を避けて、上手に使いたいですね。

黒ずみおしりのサプリメント

できてしまった黒色メラニンを白くするシステイン、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを弱くする、ビオチンやビタミンC、ターンオーバーを促す亜鉛の含まれるものが良いです。αアルブチンやチシロナーゼ、リコピンなどにも良い作用があります。

「たくさん飲めば良い」というものではありませんので、成分表示や使用方法をよく読んでから、飲むようにしましょうね。

メニュー