お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

黒ずみおしりと汗ムレ、ムレ

下着につつまれているおしりは、汗をかきやすく、水分がこもりやすくなっていますね。この汗も、黒ずみおしりに関係があります。

汗は元気のもと

汗はからだのなかから老廃物を押し出しますので、健康の維持に大きく貢献しています。汗が出ないと、からだのなかに熱がこもります。老廃物も溜めこんでしまいます。

疲れたときに、お風呂に入ったりシャワーを浴びると、サッパリするのは、垢や皮脂などが邪魔をしてからだのなかから出られなかった汗が流れ出て、余分な熱や老廃物を排出してくれるからです。 汗をかけずに、熱がこもったままでいると、熱中症などの危険な症状をひきおこす可能性があります。

汗ムレと黒ずみおしり

健康に良い汗でも、黒ずみおしりには大敵です。 身体の表面など空気に触れるところなら、汗は蒸発していきますので、まだ良いのですが、下着やストッキング、ボトムにくるまれているおしりは、汗ムレをおこしやすくなっています。

汗をかいたおしりは、湿気をおびて弱くなり、傷つきやすくなっています。ニキビや吹き出物のできやすい状態です。 汗で弱くなったおしりの皮膚が下着とこすれたり、上半身の重みで押さえつけられたりすると、角質層が厚くなり、黒ずみができていきます。

汗をかいた下着は?

「汗をかいたら着替える」のが、一番いいことなのですが、仕事などで外にいると、むつかしいですよね。 汗の水分を吸った下着は通気性も低下していますし、身体のなかから出た老廃物が付着しています。取り替えたい、という気持ちはあっても現実的には、ほぼ無理に近いですね。

汗ムレ対策

手軽な汗ムレ対策は、汗を拭くことです。 トイレに行って用を済ませたら、おしりの汗を拭き取ります。 フェイス用のやわらかいティシュッペーパーで、こすらないように、そっと押さえるようにしましょう。

持ち歩くのに便利なポケットサイズのやわらかいティシュッペーパーが、薬局やスーパーで売られています。

トイレに行きにくいムードの職場や、旅行中などでは、ガーゼのハンカチを使ってみましょう。 おしりと下着の間にガーゼのハンカチを1枚、おしりに添うように広げてはさんでおきます。汗をかいたらガーゼのハンカチだけを取り替えます。

汗以外のおしりのムレ

女性は、汗だけでなく生理でもムレやすくなります。 吸収性の良いナプキンを使い、こまめに取り替えるようにしましょう。

ロングサイズのナプキンは、安心感はありますがおしりに触れる面積が大きいので摩擦が増えます。メーカーが研究して肌触りのやさしいものが売られていますが、科学的に加工されたもですから、黒ずみおしりにはよくありません。 経血の量にあわせてナプキンを使い分けましょうね。布ナプキンも良いですね。

また、オリモノシートも必要なときだけにしておきましょう。

メニュー