お尻の黒ずみに関するお悩みはここで解決!

黒ずみおしりの方程式

女性に「からだの気になる部分」のアンケートをとると、「おしり、胸、おなかのでっぱり」が、トップ3に選ばれるそうです。

年代によって順位や選ばれる部分に多少の違いはあっても「おしり」は、どの年代でも、3位以内に入っているそうです。

「胸」と「おなかのでっぱり」と「おしり」

「胸」は、服の上からでもラインがわかります。大きさ、かたち、バストトップの位置など気になっていること、その人その人で違います。でも、ブラジャーのサイズで言い表づこともできますし、「ムネ」「おっぱい」という言い方や、「巨乳」「貧乳」「美乳」という言い方もありますから、わりと人に話しやすいようです。

「おなかのでっぱり」は、服でごまかしているつもりでもわかることがありますし、「ボトムのファスナーが閉まらない」などと、まだ、言いやすいところです。 「おしり」の悩みでも、サイズだけなら、なんとか話せても、おしりの肌のことになると、なかなか人には言いづらいですね。異性はもちろんですが、女性同士でも、話題にしにくいようです。

謎のベールにつつまれたおしり

海外にはトップレスでも大丈夫なビーチがありますし、エステサロンでもブラジャーをはずすことは多いですが、下着はつけますよね。 更衣室で着替えるときでも、おしりを見せたり、見たりすることなんてほとんどありませんよね。 他人にも自分にも「見えないから」、自分でも「見えにくいから」気になるおしり。

だから、おしりの話題に知らない顔をいる人でも、黒ずみおしりは、とても気になっているもののようです。おしりは、いつも、謎のベールにつつまれています。下着というベールを、はずしたおしりが「赤ちゃんのおしり」のように、やわらかくてスベスベだったら…、嬉しいですよね。

おしりの方程式

美しいおしりにはサイズやかたちも関わりがありますが、やはり大切なのは「きれいな肌」です。

(スベスベ)+(しっとり)+(やわらかい)=きれいなおしり

ですし、

きれいなおしり=(トラブル解消)+(お手入れ)です。

おしりの肌が「なんとなく固く感じる」人や、「ザラザラしている」人、「おしりニキビが、できやすい」人、「寝ているあいだにボリボリとおしりを掻いてしまう」人は、おしりに、なにかしらトラブルがあります。鏡で見て「肌の色がくすんだみたい」と思う人も、おしりにダメージを受けています。 おしりに黒ずみができてしまった人も、黒ずんではないけどおしりの状態が気になる人も、おしりの方程式で「きれいなおしり」を、めざしましょう。

メニュー